境内について

法隆寺

木造建築物では世界最古であり、ユネスコの世界文化遺産に姫路城とともに、日本で初めて登録された。飛鳥時代に聖徳太子により建立され、飛鳥時代を始めとする各時代の貴重な建築物や宝物類が広大な境内に存在しています。

東大寺

若草山の麓に広大な寺域を占める大きなお寺です。奈良の大仏で親しまれる盧舎那仏を始め国宝、重文級の文化財が多い。
世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

當麻寺

寺伝によると推古20年(612)に聖徳太子の弟、麻呂子(まろこ)親王が河内に建立した万法蔵院(まんぽうぞういん)が起原。
大和路屈指の牡丹寺としても有名で、4月末には大勢の人々が訪れる。

平城宮跡

和銅3年(710)に元明天皇によって藤原宮より遷都し、延暦3年(784)長岡に都が移るまで、首都として日本の政治・経済・文化の中心地になっていた平城宮は、東西1.25km、約125haの広大な原っぱとしてかつての栄華の面影を留めている。
世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

霊場・ご朱印巡り

大和十三仏御朱印めぐりは、奈良県にある古くから信仰されている仏様が
お祀りされている13の寺院をめぐるものです。

下記の仏様がお祀りされている寺院を巡拝することで
ご家族やご親族を供養する功徳があるのに加えて、自身の祈願をすることができます。

第1番

宝山寺(不動明王) 奈良県生駒市門前町1-1

第2番

西大寺(釈迦如来) 奈良県奈良市西大寺芝町1丁目1-5

第3番

安倍文殊院(文殊菩薩) 奈良県桜井市安部山

第4番

長岳寺(普賢菩薩) 奈良県天理市柳本町508

第5番

金剛山寺(矢田寺)(地蔵菩薩) 奈良県大和郡山市矢田町3549

第6番

當麻寺中之坊(弥勒菩薩) 奈良県葛城市當麻1263

第7番

新薬師寺(薬師如来) 奈良県奈良市高畑町1352

第8番

小房観音(観音菩薩) 奈良県橿原市小房町6-22

第9番

長弓寺(勢至菩薩) 奈良県生駒市上町4446

第10番

霊山寺(阿弥陀如来) 奈良県奈良市中町3879

第11番

信貴山玉蔵院(阿しゅく如来) 奈良県生駒郡平群町信貴山2280

第12番

円成寺(大日如来) 奈良県奈良市忍辱山町1273

第13番

大安寺(虚空蔵菩薩) 奈良市大安寺2-18-1

「大和七福八宝めぐり」は大和の七福神と大和信仰の原点である三輪山を参り、八つの福宝をいただくお詣りです。
七福神はインド、中国、日本と三国にわたる福の神です。
縁を結べば「七福即生」の御利益があります。

また、三輪山は日のいづる山として仰がれる大和の信仰の原点で、参拝すれば七福がさらに倍増し、「八宝円満」の御利益をいただけます。
この「七福神+大和一之宮」の八宝巡りは1日で回ることも可能です。
それぞれ趣の違うお寺、神社があなたを迎えてくれます。

第1番

大神神社(三輪明神) 奈良県桜井市三輪1422

第2番

信貴山朝護孫子寺(毘沙門天) 奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1

第3番

當麻寺中之坊(布袋尊) 奈良県葛城市當麻1263

第4番

久米寺(寿老神) 奈良県橿原市八木町1-1-18

第5番

長谷寺(大黒天) 奈良県桜井市初瀬731-1

第6番

小房観音(恵美寿天) 奈良県橿原市小房町6-22

第7番

安倍文殊院(弁財天) 奈良県桜井市安倍山

第8番

談山神社(福禄寿神) 奈良県桜井市多武峰319